No Title (simple_gladiator'blog)

中くらいの幸せ探求ブログ。ミニマリスト的・シンプルに、ハッピーなお金持ちめざして模索中。たまに美容健康・アートと絵についても。雑記ブログ化進行中。

ミニマリスト化を進めるとき気をつけていること

こんにちは、かりんです。 

 

 

先日は1回目の壁紙交換、無事に終了。

作業直後はのりのにおいが若干残っていましたが、2、3日で消えました。

2回目位以降は7月にはいってから、5日間の日程で全室壁紙を交換してもらいます。

平日は難しいので、週末1日づつとかの作業です。

 

実は勘違いしていたのですが、今回の作業はLDKのみで、隣接する一部屋は

別の日にということでした。

その部屋の押入れの荷物は他の部屋に移動していてもどすのかどうか迷いました。

これが結構多いんですよね。結局半分は押入れに戻しました。

 

 f:id:simple_gladiator:20170621183100j:image

お隣の部屋の荷物

 

真ん中のワゴンのものが、相方の荷物でリビング隣室の押入れから出したもの。 

私がさわれないものです。

 

2回目の壁紙交換はリビングの隣室をする予定なので、またこの荷物がここにきます。

 

この反対側にもダンボールが3つほど。

 

これらの荷物は部屋をいったりきたりですね。

これを機に相方がすこしでも不用品を整理してくれればいいのですけど。

 

 

 

ところで、

わたしが持ち物減らしてきたことを周囲の人に話すと、

家族の不用品はどうしてますかって聞かれることがあります。

 

自分のものは自分の責任で捨てることができますが、

家族といっても他人のものは、絶対に勝手に捨てないことです。

 

親に自分のものを勝手に捨てられた経験ありませんか?

 

わたしの場合ショックだったし、なんできいてくれないの!って怒りを感じました。

ちなみに捨てられたのは、スタバのタンブラーとか懸賞であたったバックとか。

 

他の人のものを勝手に捨てるってことはつまり、そんな気分を味あわせることに

なるのですよ。

たぶん小さいお子さんにも言えることだと思います。

それがトラウマにでもなれば、将来ものをためこむ人になるかもしれません。

 

相方の場合はもともと荷物がそれほど多くないのとコレクション系の趣味が

ないので助かってます。

それでも何年も使っていないものありますが、それらをどうするかは相方本人の

自由であり権利なのでわたしはそのままにしておくつもりです。

 

わたしがやっていることを否定されたくないですから。

 

わたしがそういう人だと知ってかしらずか、やっていることに何も言ってきません。 

本当にわれながらいい人を相方にしたなって思います。

 

家族のものが多くてどうしても気になるのなら自分のものを減らして

収納したらいいのかもしれません。

 

ものを減らしたいと思っている方、一緒にきらくにやっていきましょうね。

 

では、今日はこのへんで。

 

 

↓良かったら応援のクリック御願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

 

©2016simple_gladiator