No Title (simple_gladiator'blog)

中くらいの幸せ探求ブログ。ミニマリスト的・シンプルに、ハッピーなお金持ちめざして模索中。たまに美容健康・アートと絵についても。雑記ブログ化進行中。

読まなくなった本の行き先

こんにちは、かりんです。

 

先日仕分けした不用品たち。

 中でも本は幾度となく手放しているものです。

 

 

昔は読書が趣味で、月に5000〜10000万円は本に費やして

いた時期がありました。

 

当然家は本だらけでした!

 

紙の本は大好きなんですが、持ち歩くのが重いのと

保存に場所が必要なことがネックになっていて、なくなく手放した本は数知れず。

でもそうやって割り切らなければ重みで実家の床がぬけそうになっていました。

 

本を手放す基本は、読まなくなったら。です。

 

逆にとっておくものは、また読む本。です。

 

シンプルに。

 

それでも本に思い入れが強いとどうしようか迷ったりします。

それというのも絶版になったり、図書館においてなかったり、電子書籍にもない。

という本が増えてきました。

ベストセラーとかになった本であれば、ある程度在庫があったりするので

万一もう一度読みたければ、再購入か図書館で借りたりもできます。

 

わたしの場合ですが、心に残った本はある程度の期間はとっておきます。

本との関係は出会いだと思います。

最近では、本屋さん自体も少なくなってしまったのでなかなかこれ!という内容のものに出会うことができません。

気に入ったものは4・5回は読むのでそうしています。

 

分類別には

 

雑誌 ・・・読み終わったら。気になる記事は、写真にとっておきます。

 

マンガ・・・本当にお気に入り以外は、綺麗なうちに古本屋( ブックオフ)などに

売ります。

 

小説・・・マンガと同じく。

 

 実用本・・・料理の本や手芸の本、趣味関連・マナー本など。

インターネットで情報があとから引き出せるものについては手放します。

 

資格本・・・2年以内に資格を取るものでないものは、新たに買った本でも売りに出します。

 

専門書・・・栄養学だとか、辞典など。あたらしく理論が覆えされていないならたいてい取っておきます。

 

その他・・・パソコン関係など。技術が自分に吸収されていれば手放します。

全部インターネットで検索できるならいいんですが・・・。

 

本の行き先 

少し先述しましたが、売るものについては、ブックオフなどの古本屋さん、

次回からはブクマ(本をやりとりするスマホアプリ)も利用しようと思っています。

 

少し黄ばんでしまった本、また読みたいかもしれないという本は、

近くの図書館に寄贈をお勧めします。

持って行ったすべての本がその図書館においてくれるという確約はないのですが、

各自治体では寄贈を募っているところが結構あります。

 

最近では、新しくて綺麗な本でも、寄贈してもいいかなって思います。

良い本なら自分以外のたくさんの人に読んでもらいたいからです。

 

電子書籍について

amazonKindle電子書籍リーダー)が欲しくてしばらくどうしようか

考えてました。

書籍自体の値段が気になります。

書籍を電子化するのは人件費とかかかるので、

電子書籍が一概に高いとはいえないですが、もう少し安価にならないかなと。

転売できないことを考慮してほしい。

多くの冊数を持ち歩けて無料で読める本もあるメリットと

天秤にかける必要がありますね。

 

 今迷ってるのがこれ↓

Kindleタブレット機能がついてます。

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

 

自分で電子書籍化 

 残しておきたい本を自分でスキャンして電子化することを自炊といいますよね。

面倒だし、時間かかるしで、わたしはしません。

 

必要なページを写真にして情報整理アプリに登録。

時間がもったいないので本自体とっておくかのどちらかです。

 

最後に

自分の心に残った本を、こういったブログに残すことも

良い片付け方法だと思います。

読書録という形でブログに残しておけば、好きなときに振り返って

読みたければ本を探したらいいと思います。

 

いろんな影響をくれた本たち、ありがとう。

 

ちなみに今現在残った本たち↓

もう一度読み終わったら手放すかもしれません。

 f:id:simple_gladiator:20170817190448j:image

 

 

それでは、また。

©2016simple_gladiator